FC2ブログ

FP426の年利10%を目指す安全、確実な初心者のための資産運用!

FP1級の知識を駆使して安心確実に資産を増やしていく方法を紹介。FX、投資信託、預貯金、低リスクで確実に資産を増やしていくためのブログです。財テク知識、相場の見通しも要チェック!

プロフィール

投資大好き426

Author:投資大好き426
FP1級所持の
現役金融営業マンです。
初心者でも安全、安心、確実に
FX、投資信託、株、預貯金で
資産を増やせるように
情報を発信していきます。
私自身も運用をしてますので
随時成果のほうもアップしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

計画停電はGDPにどれくらい影響を与える?

2011/03/29(火) 21:57:00

日経新聞からのネタですが、

UBS(欧州の有名な運用会社)のエコノミストが

計画停電がGDPに与える影響を

試算したみたいです。


現在のままの停電(通常時の25%減)が

冷房需要が増える夏まで継続した場合、

約GDPを1.1%押し下げるとの見方を示したみたいです。


今のところ供給量3500万キロワットに対し

需要は4500万キロワットなので

現時点では1000万キロワットのショート。


夏場は需要が例年6000万キロワットまで増える

とのことなので、

このシナリオはあながち間違ってなさそうです。


日本のGDPは2010年の1年間で

540兆円と言われてるので

それの1%とすると

約5.4兆円の生産性の喪失になります。


電気ってかなり経済に寄与してるんですね…

今まで当たり前すぎて気にも留めてなかったです。

当たり前にあるものがなくなると

これほどまでにダメージがあるんですね。


とりあえず原発の復帰が難しい、

横須賀などの周りの火力発電所などを稼働させる、

ということを行っても、

状況をほとんど改善するのができないのが実情とすれば

近い将来この数値が現実になりそうですね。

本格的に復興需要がでてくるのが

3、4カ月後とすれば、

日本株なんかもそれくらいに手を出していくのが無難かもしれません。

原発問題がまだまだどちらに転ぶかわからない間は

海外投資家がおかしな売買をしかねないですからね。

ランキング参加してます。クリックしてくれると嬉しいです。↓
にほんブログ村 経済ブログへ




スポンサーサイト
日本TB:0CM:0
<< 円安基調ホーム全記事一覧米欧金融大手、経営幹部来日 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yomelo.blog65.fc2.com/tb.php/23-1ec11763

スポンサーリンク

株価

世界の為替レート

FXFX投資ツール

YAHOO検索

RSSリンクの表示

QRコード

QR

相互リンク

SEOリンク登録∞

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。